タッチ決済は非常に便利

前回、クレジットカードの非接触決済が普及が進んでいないという記事を見た感想という記事を書きましたが、私自身は最近ローソンでタッチ決済をよく利用しております。

いままでは持っているクレジットカードが対応していなかっただけだとは思いますが、今使い始めているJNB Visaデビットカード(ジャパンネット銀行)は対応していたので使い始めたというわけです。

カードに非接触対応的なマーク(リップルマーク)が付いているのでそのカードであればタッチ決済を利用できるとのこと。

実際利用していて感じるのは「かなり便利」ということです。例えば、上記で言うならローソンでクレカ払いをしているときは端末に差し込んでしばらく待つ必要があったのですが、タッチ決済を使うようになってからかなり決済がはやいです。

もちろん、QUICPayとかモバイルSuicaも速いですが、カード払いでこのスピーディーさは個人的にはとても良いと思います。

ただ、上記記事の通りで、認知度不足もありますし、また、たしかに、私は現時点ではローソンでしか使ったことがないような気はします。
そのため、そこまで使える店舗がまだ多いとも思いませんが、おそらく、今後はタッチ決済が使える店はかなり増えてくると思われるし、対応クレカも増加し認知度も高まると感じます。もっと広まれば確実に利用する人は増えるかと思います。それほど便利です。

カード偽装がされにくいといったメリットも多いのでぜひどんどん拡大してほしいと思います。


クレジットカードの非接触決済が普及が進んでいないという記事を見た感想

少し前からタッチ決済についてはたまに聞いたり見たりすることはありましたし、個人的にも注目していましたが、以下の記事によるとそれほど普及が進んでいないとのことです。

https://www.bcnretail.com/market/detail/20191202_147305.html(BCN+R)

どうやら、その理由は単純で、「認知度不足」のようです。

正直、この非接触決済自体は魅力的で、認知度さえ上がれば普通に普及は進むのではないかと思っているのですが、改めてこういったものは最初の認知度への意識は非常に大事だなと思いました。調査結果を見れば明らかだからです。

この記事にもありますように(全体の70%がタッチ決済に魅力を感じているとのこと)、繰り返しにはなりますが、正直言ってタッチ決済を知っている人が増えれば利用率は向上するはずなので、是非ともそこにもっと力を入れてほしいなと思います。

タッチ決済は、便利であるのはもちろん、カード偽装がされにくいなどメリットも多いので、個人的にももっと普及して欲しいです。


d払いのお得情報は定期的にチェックした方が良い

記事タイトルのまんまですが、d払いのお得情報は定期的にチェックした方が良いです。

なぜかと言うと、事前にエントリーが必要になるものがあるからです。

d払いのアプリ内にて「おトク」というところがあるのでそこを定期的にチェックすると良いかと思います。

d払いも、結構な頻度で様々なキャンペーンを行っていて、ここ最近のものであれば「d払い」10%還元や金曜・土曜ネットで買い物すると的なやつなどがエントリー必要かと思われます。

多くの人が知っていることかもしれませんが、たまに忘れたりする場合があるかもしれないので一定期間に一回はお得情報をチェックするというのを習慣にしてしまった方が確実かと思います。それくらいしてもよいほどお得なキャンペーンが続いていると感じます。

また、それと同時にdポイントの方も合わせてチェックしておくとより良いでしょう。


キャッシュレス化は確実に進む

はやいもので2019ももう少しで終わりますが、今年は個人的な部分でのキャッシュレス化が中速にかなり進みほぼ現金は持たない生活になりつつあります。もちろん、以前から書いておりますように、昔からクレカ生活が中心で基本的にはキャッシュレスに近い状態ではあったんですが、今年は色々な角度、方面までキャッシュレス化が進んだという感じです。具体的にはクレジットカード以外の面においてです。

例えば、モバイルSuicaやd払い、QR決済です。また、デビットカードも結構利用しております。

そのため、私の生活圏においては基本的には現金はほぼ不要になりつつあります。ただ、充電切れや停電、その他緊急事態などのリスクもあるので財布に1万円札だけ入れておりますが私の場合はそれでなんとかなると思われます。なぜ1万円かというとまずは1枚ですむので財布はかさばらないということ(その意味では5千円でも良いかもしれない)、緊急時においても1万円あればそれなりにしのげたり対応が可能だと思われるということからです。※これは人によると思います。あくまでも私の場合の話になります。

※もちろんクレジットカードも以前と同様に利用しています。

普通のお店もキャッシュレス対応している店は増えておりますし、今後もさらに加速するはずなのでより現金を大量に持つことはなくなるかなとは思います。緊急時を考えなくても現金が必要になればキャッシュカードがあればおろせますので財布に入れておかなくても良いかなと以前より思うようになっていて、私の中での話になりますがそれが完全に普通になりはじめたのが今年だったかなと思います。


キャッシュレス化を進めているとクレカ以外の支払いも増えてきた

このブログはクレジットカード生活という名前ですし、私は元々クレカ払いが出来るところでは基本的にクレカ支払いをしますし、なるべくお得になるようにカード利用を心がける生活をおくっています。

ただ、ここ最近はさらにキャッシュレス化を進めており、それに伴ってある意味当然ではありますが、クレジットカード以外の支払い方法になることもかなり増えてきています。

例えば、QRコード決済や電子マネー、またはデビットカードです。
Suicaやデビットカードは元々利用しておりましたが、やはりQRコード決済の利用が増えつつあります。非常にお得なキャンペーンが連発していたこともあるのですが、結局そのまま利用するようになりました。
PayPayはキャンペーン以外で使わないのかなと思っていたのですが、現状だと最大3%還元率ですし、20回に1回の確率で最大1000円当たるというのもやっているので明らかにお得だからです。

以前であれば私がよく行くローソンではほぼクレカ払いでしたが、最近は多少の手間がかかる(iPhoneを出して表示させたりするなど)とはいえPayPayまたはd払いがほとんどです。dポイントカードを提示してPayPay払いしたり、違う店では他のポイントカード提示でd払いしたりすると二重取り出来ることもあるので現状では還元率を考えてもクレジットカード払いよりお得というわけです。(そういう意味ではdカード(クレカですが)を持っておくとより良いかもしれませんが)

そんなわけで、今までよりは明らかにクレカ以外の支払い方法が増えております。もちろん、このブログはあくまでもクレジットカードについて主に書いていく予定ではあるのでタイトル名はいまのところ変えませんが、他の決済方法(キャッシュレス)についてもたまに書くことは増えそうです。

一昔前に高還元率クレジットカードがお得でその次代が終焉をむかえたときは悲しさはありましたが、今は他の決済方法などを上手に組み合わせれば何とかなる(以前よりお得とも言える)時代とも言えるかなと単純に思います。


クレジットカードケース(ステンレス)を使ってみた感想

今年に入ってから財布を色々と変えたり、ポイントカード類を整理したり、キャッシュレス化に合わせて持ち物も多少試行錯誤して変えたりしておりました。

その変更段階で、クレジットカードケース(ステンレス)を一時使っていたのでその感想を書いてみようと思います。※ちなみに、現在は利用しておらず、結局札入れ(長財布でカードが入るもの)とキーケース(小銭入れ付き)に落ち着きました。

今年に入って少ししてから買ったカードケースは以下の写真のもので、Amazonで買いました。

カードケースの写真

6枚収納可能で、スキミング防止カードケース、ステンレス鋼製です。

Amazonでは比較的評価が高いような感じでした。価格は900円程度と安いです。

商品として、見た目は結構気に入りました。(外部の見た目)色はブラックでデザインもシンプルだからです。また、安い割に重厚感があります。あとはカードが見やすい&出し入れがしやすいというメリットや収納力があるという利点は感じました。

ただ、ぱかっと開けるとカードを入れる部分(内部の見た目)はあまりかっこよくはないです。かっこ悪いというよりも安っぽいという感じです。(価格が安いのである意味仕方ないですが)

使い勝手についてですが、これ単体で持ち歩くのであれば便利だとは思いますが、やはりカードしか入らないので何か他にも持たないとなりません。マネークリップでも良いですが、一般的なマネークリップだとカチャカチャかさばると思います。また、それはスマホにも言え、スマホと同じポケットに入れると嵩張る上にスマホが傷つく可能性があると個人的には思いました。

また、重厚感があるのは良い点ではあるのですが、重さは結構重いというデメリットも感じます。カードだけ入れるのにケースが意外と重いのです。

そんなわけで、このカードケースは数回利用しただけで現在は使っていません。正確には、自宅にて利用していないポイントカードやクレカを入れております。※そういう収納的な意味では良いかもしれません。

キャッシュレス化に伴って(または財布をコンパクト化させたい)、カードケースを別で持つという感じで考えていて、かつ、私のように財布類は全てポケットに入れるようであれば、このようなケースは個人的にはあまりおすすめしません。カード類を多く持ち運ぶ必要がある時だけ限定で持つ(旅行などで)なら良いのですが、普段、常に持ち歩く場合、別に財布なりマネークリップなり小銭入れなりを持つ必要があると思いますし、それはまだ良いかもしれませんが、スマホもあればポケットの収納は嵩張りますし、上で書いたように意外と重いのです。(※あくまでもポケットに全て入れるというスタイルの場合の話になります)

ということで、結局は薄めの長財布(カード入れ有り・小銭入れなし)とキーケース(小銭入れ付き)というスタイルに現在は落ち着きました。

ただ、人によってはこのようなカードケースは使い勝手が良いとも思うので合う人は検討の余地はあると思います。(何を言いたいのかよくわからなくなってきましたが)

価格も1,000円以下で安いので、似たような方がもしいれば、とりあえず購入してみて試してみるのも良いかと思います。試して良ければ使えますし、駄目でも自宅でのカード類(ポイントカード含め)の収納に使えるので個人的にはそんなに損は感じませんでした。


追記修正:PayPay・第2弾キャンペーン中は銀行口座からチャージが良い

少し前の記事の修正ですが、PayPayの第2弾キャンペーン中は銀行口座からチャージが良いということが確実にわかりました。前の記事では支払い方法はクレジットカードの方が使い勝手が良いということを書きましたが、使い勝手以前の問題で、銀行口座からチャージした方がキャンペーン中は明らかにお得だからです。

それに気付いたのは、やたら当たるくじ(10回に1回の確率で最大1000円相当のやつ)が本当にやたら当たるからです。体感レベルではありますが、今のところではありますが10回に1回以上またはだいたいそれレベルで当たっている感じがしますし(いずれにせよ10回に1回の確率とのことなので当たる可能性は比較的高い)、とにかく当たればそのまま1,000円までは戻る感じなのでお得すぎるわけです。

銀行口座からチャージでのPayPay残高払いで20%還元をゲットしつつ、10回に1回の確率で最大1000円相当のやつを当てていける可能性があるので、キャンペーン中においては銀行口座からチャージでのPayPay残高払いが良いでしょう。Yahoo!カードでも良いのですが、1%分銀行口座からチャージの方が還元率が高いので、とにかく最もお得にしておきたい場合は銀行口座からチャージからのPayPay残高払いが良いです。

キャンペーンが終わったらクレジットカード利用の方が使い勝手(預け入れ不要だったりするため)が良い可能性もあるので上手に使い分けていくのも良いかもしれません。


出前館をよく利用する方におすすめ!Tカード一体型クレカの「出前館Tカード」が発行開始!

出前館(運営は夢の街創造委員会株式会社)は、2019年4月1日(月)より、Tカード機能付きクレジットカードの発行を開始したようです。(出前館Tカード)

参考:カード一体型クレジットカード「出前館Tカード」が誕生
( 出前館 ・夢の街創造委員会株式会社)

少し見てみますと、このカードは出前館をよく利用する方には結構オススメかなと思いました。

理由は単純で、出前館利用で200円につき合計3ポイント貯まるからです。つまり、1.5%です。(通常が200円につき1%※店舗によって異なる+出前館Tカードの利用で200円につき2ポイントの合計3ポイントとのこと)

ただ、年会費が初年度無料とはいえ翌年度以降は1,250円(税別)かかりますし、1.5%までいくといっても最強にお得というわけでは個人的には思いませんが、出前館を例えば週一で利用していたり、家族利用などで一回あたりの金額が大きめだと保有していて損はないクレカではあると思いました。

私は結構な頻度で出前館を利用しているのでちょっと気になります。

現時点で入会キャンペーンもやっているようなので気になる方は是非チェックしてみて下さい。

ちなみに、パット見3%に見えなくもありませんが(合計3ポイントと大きく表示されているため)、よく見ると上記のように通常が200円につき1%※店舗によって異なる+出前館Tカードの利用で200円につき2ポイントの合計3ポイントですのでその点は注意した方が良い場合もありえます。

なお、楽天がアルペンと提携(ポイント)・アルペングループ 楽天カードも発行のページでも少し書きましたが、Tポイントは昔のような感じではなくなりつつあるとは思っていましたし、人によってはTポイントはもはやオワコンだと言うひとさえ結構おります。(私の周囲ではですが)

ただ、このように様々な分野で勢力を再び拡大させようとしている姿勢はみられるのでまだわからないかもしれないなとも少し思います。モバイルTカードの使い勝手がどのようになるかも含めてまだまだ注目しても良いのかなと考えが少しだけ変わりました。(単純ですが)


PayPay・私の利用環境だと支払い方法はクレジットカードの方が使い勝手が良い(今のところ)

※追記有り・・・その他のクレジットカードの還元率を考慮しておりませんでした。

修正記事:追記修正:PayPay・第2弾キャンペーン中は銀行口座からチャージが良い

PayPayの第2弾キャンペーンがやっているので何だかんだでPayPayで支払いをすることはあるのですが、銀行口座を設定しチャージして払う方法と、クレジットカード登録でクレカ払いする方法を使っております。

そこで、この2つを比較的使ってみて、現状ではクレカの方が使い勝手が良いのかなと思っております。(あくまでも私はですが)※使い勝手は別として、キャンペーン中は明らかに銀行口座を設定しチャージして払う方法の方がお得です。

まず、私はジャパンネット銀行を利用(預金払い)しているのですがやはり一度ジャパンネット銀行にお金を入れておく必要はあるので手数料がかかるというのと、手間がかかるというのがあります。現在は第2弾キャンペーン中なので多めに入れておけばよいのですが、キャンペーン中でなければそれほど積極的にペイペイを使わないため多めに入れる必要がなく、使う時に小分けに入れると手数料がかかるからです。どちらにせよ多めにいれておけば良いとはいえ、やはりキャンペーンでない状況&そこまで利用しないのであれば私の場合はあまり入れないのです。※それほど資金に余裕があるわけではないというのが大きいです。

その点、クレジットカードであればそういった心配がないので楽という意味で使い勝手が良いわけです。

ただ、注意点として、以前にも書きましたが、本人認証をしないと30日間で5,000円しか使えません。さらにカードによるとは思いますが、家族カードで本人認証をしようとすると出来ない場合があるようです。(※これもあくまでも私の体験談です)私はその時DCカードの家族カード(本会員ではない)を本人認証しようとしましたが、出来ませんでした。(その時点で問い合わせしたが出来ないと言われた)

あとは、支払い方法をクレジットカードにしようとするときに支払い方法をタップして選択しておかないとPayPay残高から払うようになるためこの点も多少の注意が必要かもしれません。(選択する必要があるという意味で)残高が入っていないと支払うことが出来ず、支払いに失敗という表示になる場合がありました。

ということで、このあたりを注意しておけば一度クレカを登録しておけば手間なく支払うことが出来るので個人的には現時点では支払い方法はクレジットカードが良さげだなと思っています。

ただ、QRコード決済のメインをペイペイにするようになる場合はもしかしたら多めに銀行口座に入れてチャージする方が良いとも思うので利用環境、人によると思います。

※繰り返しになりますが、私はペイペイをメインでは使っておらず、今のところキャンペーン中に上手に使うような感じになっているので上記の感想になっております。

※追記:その他のクレジットカードの場合、キャンペーン中においても10%のため還元という意味ではPayPay残高からの方(20%付与)が得をするという意味では圧倒的にお得です。


スマホ決済はPayPay!と決めている方またはPayPay利用頻度が多いという方は「Yahoo! JAPANカード」を作るのがやはり良い

タイトルのまんまですが、PayPay利用頻度が高い方は普通にYahoo! JAPANカードを作るのが良いさそうです。

理由としてはいくつかあります。

・クレカから直接チャージができるのはYahoo! JAPANカードだけ
・チャージでお得
・年会費無料かつ普通にまぁまぁ使える(Yahoo関連は特に良い)

ありきたりですが、上記のようなことが挙げられるでしょう。

やはりクレジットカードで残高をチャージさせるのが便利なのでそれを利用したいのですが、現状ではクレカから直接チャージができるのはYahoo! JAPANカードのみです。そうなっている以上、Yahoo! JAPANカードを持っていない方はその時点で損ではあります。(持っている方と比較して)また、チャージするとポイントが付与されるのでお得にもなります。これは大きいメリット。

※なぜクレカでチャージしたいのかと言えば、やはり銀行口座に預け入れしチャージすると、銀行によっては預け入れの手数料が高めの可能性もありそうですし、安い銀行でも多少はかかってくるからです。もちろん、時間内や一ヶ月に一回まとめて預け入れるや、ネット銀行から回数無料のときに振り込むや、無料になるような金額を預け入れるなど、うまくやれば最小限または手数料なしでいけそうですが。※このあたりはあまり詳しくないので各銀行の公式サイトなどでもご確認ください。

また、PayPayだけのためにこのクレジットカードを作るのもどうなのかと思う場合もありますが、普通に使う分には年会費無料なので損はそれほどないですし、ヤフー関連との相性は良いのでヤフーサービスの利用者であればメリットは結構あり、そこそこ使えるカードですのでポジティブに考えるとそれほど悪くはないとも言えます。

ということで、スマホ決済はPayPay!と決めている方やPayPay利用が多くなっている方でYahoo! JAPANカードを持っていない場合は検討の余地は十分あると思うので是非チェックしてみると良いかと思います。

個人的には「チャージはYahoo! JAPANカードのみ」というのはあまり好きではない状況ですが、こういったサービスにおいてクレカチャージは便利なので検討はしたいです。また、チャージにおいて付与されるのはやはり見逃せないポイントではあります。