月別アーカイブ: 2018年12月

JapanTaxi(タクシー配車用アプリの)がd払いに対応とのこと

ここ最近、PayPay(ペイペイ)に関連してQRコード決済について記事をちょこちょこ書きましたが、個人的にはQRコード決済においてはいまのところd払いをどんどん利用していこうと考えております。そのd払いですが、実は結構使い勝手が良くなっていてつい最近も私が利用するドラッグストアなどで利用可能となりとても良いなと思っていたんですが、ここにきてタクシー配車用アプリのJapanTaxiがd払いに対応するとのことで、個人的には密かにかなり使い勝手が良いサービスとなりはじめております。

参考:タクシー乗車で『dポイント』が貯まる・使える! 『JapanTaxi』アプリ『d払い』対応スタート – JapanTaxi株式会社

これは個人的にとても熱いです。

なぜかと言えば、タクシー利用でポイントが貯まるからです。つまり、実質割引的な感じになるわけです。

※なお、この連携に伴ってdポイント 魔法のスーパーチャンス!のポイントアップ対象となるようです。

JapanTaxi自体注目のサービスなのでそこでd払いが対応するとなると、ドコモユーザーかつタクシー利用者は非常に使い勝手が良くなることでしょう。是非チェックしてみてください。

また、今後も、このような利用価値が高いサービスや店舗でのd払い対応もさらに増えることを期待したいです。


エネオスカード(C・P・S)も良いが実は楽天カードも良かった

最近まで知らなかったのですが、エネオスにて楽天カードを使うと還元率が2%になるようです。こうなってくると、エネオスカード(C・P・S)のとくにSも良いのですが状況によっては楽天カードの方がお得になる可能性があります。

私が知らなかっただけで恐らく多くの人が知っている情報だとは思いますが、もし知らなかった人がおりましたらエネオスでは楽天カードの利用も検討すると良いかと思います。

エネオスをよく利用しない方でも楽天カードを保有していればガソリン代の節約のためエネオス利用に切り替えても良いかもしれません。

いつでも2倍貯まるとのことなので繰り返しになりますが、状況(ガソリンの価格次第では)よっては楽天カードが最も良いということになるかもしれません。どちらも年会費が無料(エネオスカードSは初年度無料・年1回以上のカード利用で次年度無料なのでほぼ無料に出来るはず)ですので2枚所有しても良いでしょう。


追記:PayPay(ペイペイ)について・せっかく熱いキャンペーンだったのに現時点では残念な感じになりつつある(不安感含め)

おとといの追記ではPayPay(ペイペイ)の使い勝手は意外と良いと書きましたが、それはあくまでも私が行っている小さな床屋でも使えたということで書きました。ただ、ここにきてNHK NEWS WEBでも「PayPay」 不正利用相次ぐ 覚えない請求に注意を(NHKニュース)といった記事もでており、使い勝手どうのこうのより不安感の方が強くなってきております。

記事内では

—「「会社は、顧客情報の流出などは起きていないとしていて、何らかの方法で不正にクレジットカード情報を入手した第三者が勝手にアプリに登録して利用したとみています。

「PayPay」では、アプリにクレジットカードを登録する際、数字3ケタのセキュリティコードなどを何度、間違えても入力に制限がかからない仕様になっているということです。
「PayPay」 不正利用相次ぐ 覚えない請求に注意を(NHKニュース)」」—

とあります。

つまり、PayPay(ペイペイ)を利用しているとかしていないとか、はたまたPayPay(ペイペイ)からクレジットカードを削除しようがしまいが、理屈としては誰でもこの不正利用にあう可能性がある(確率は高低は別として)とも言えるような気がするんですが大丈夫なんでしょうか?

要するに、この記事によるならば、ペイペイの仕組みからは流出は起きていないのでペイペイのせいではないにせよ、「数字3ケタのセキュリティコードなどを何度、間違えても入力に制限がかからない仕様」のものを作ったというか提供したことにより不正利用が相次いでいる感じなんですが・・・。制限がかからなければいつか解けてしまうでしょう。なぜこんなアホなシステムを作ったのでしょうか?おとといの段階ではネットでやや騒ぎにはなっておりましたが、ここにきてNHKなども扱いました(セキュリティコード不備的なこと)のでシステムは結構やばいんじゃなかろうかと思ってきた次第です。

まぁ、かなり大胆なキャンペーンをスピーディーにいきなり打ち出したので何かしらのトラブルはあるとは思いますし、変な輩や悪い人もよってくる可能性はありますが、さすがにこのザルな仕組みが事実だとするならばやりたい放題の場を一時的とはいえ提供(悪意はないとは言え)したようなふうにも見えてしまいます。

こうなってくると早急に対策はするのでしょうし(※するとのこと・入力回数に上限を設けるをいう記事があった)、やばさを把握しているとは思いますが、しばらくは大胆なキャンペーンもなさそうなのかなと思われますし、しばらくは静観しようかなと思ってきております。静観とは言え、不正利用されていないかこまめにチェックする必要もありそうです。※ちなみに私は昨日カード速報明細などを一通りチェックしましたが今のところ大丈夫でした。

安心感を高めてもらわないとせっかく国内でもQRコード決済サービスが認知されだしたのに不安感が強くなってしまい少し残念です。何とか強固な対応をしてほしいところです。

繰り返しますが、クレジットカードの情報は流出していないとのことなのでそれについてはPayPayは悪くはないです。しかし、上記記事内にある「数字3ケタのセキュリティコードなどを何度、間違えても入力に制限がかからない仕様」つまり、やりたい放題状態・仕様だったということについてそれが事実であるならばもう少ししっかりと説明してもらいたいなとは思います。

一応、https://support.paypay.ne.jp/consumer/s/article/10003で利用した覚えのないPayPayからの請求がきた場合の対処法的なことが書かれておりますが、一部分結構他人事に見えなくもななかったです、、(現時点では)家族に確認して下さい的な感じなことが書いてありましたし、。ある意味当然な説明ではあるとはいえ、最初にこういった言い方を出してくると当然印象は悪くなってしまいます。

いずれにせよ、せっかく熱いキャンペーンだったのに終わってみたら、現状ではありますが不安感が高まるというのは残念です。


QRコード決済サービス、PayPay(ペイペイ)を使ってみて(d払い含め)現状での体験談

ここのところ、PayPay(ペイペイ)の「100億円あげちゃうキャンペーン」の影響もあり、国内でもQRコード決済が一気に注目されている感じはします。私自身も今回のPayPay(ペイペイ)はもちろん、元々d払いも利用しておりますが、この半年程度ではありますが利用してみての感想を少々書いてみようと思います。

まず、キャッシュレスで考えると、個人的にはApple PayでのSuica、またはQUICPayの方が使い勝手は良いです。私がよく行くお店で結構使えるというのもありますが、スムーズさでも良いと感じております。

ただ、今回、PayPay(ペイペイ)のキャンペーンのためにQRコード決済(PayPayですが)の利用頻度が一時的に増えましたが、あまり比較しなくても良いのかな、というか慣れの問題なのかなという感じもしてきました。SuicaやQUICPayよりはわずかに手間はかかりますが。

では、QRコード決済としてのd払いとPayPay(ペイペイ)との比較ですが、正直言って現状ではですが個人的にd払いの方が今後も継続的に使おうかなという気持ちは強いです。※とくにドコモユーザーかつキャッシュレスにしたい方であればd払いはおすすめです。ポイントも貯めやすいと感じます。

ペイペイについては現時点ではまだ多少の不安感(身に覚えのないPayPayからの請求が発生している事例があるようですし、追加の方法や確認(3万円以上の利用時の)は大丈夫なのかという意見を見た)はありますし(これはペイペイのせいではない面もあるけれども)、クレカからのチャージがYahoo! JAPANカードのみというのも気になります。

もちろんPayPay(ペイペイ)は何かダイナミックなキャンペーンをやりそうな会社というイメージは出ておりますし、孫正義氏がいるので、面白いことは今後も仕掛けてくるでしょう。そのため全く使わないということはないとは思いますが現時点ではという意味です。

また、私はd払いとペイペイしか使っていないので、例えば、LINEPayや楽天ペイと比較すればどうなるのかはわかりません。

ただ、一つ言えることは、やはり今後はどんどんキャッシュレス化が進むだろうなということです。

そういう状況の中、いくつかの選択肢から一つ選ぶのではなく、クレジットカード利用のように自分に合う決済方法、よりお得なもの、お得になる時期(キャンペーンなど)を選ぶというふうに、いくつか利用していけばよいのかなと思います。

現状ではまだ普及しはじめの段階なので色々な問題点もでてくるかもしれません。でもやはり今後はキャッシュレス化は避けられそうにないので臨機応変に対応していこうと思いました。

追記:

PayPay(ペイペイ)の使い勝手は現状でも意外と良いかもしれません。というのも、私が良く行く小さな床屋でもなぜかペイペイが利用可能でした。今後どんどん色々な店舗に拡大しそうな気がしてきました。また、現状でも家電量販店でかなり使えるのでその点は良いと思います。

また、この記事を読み直してみると、私自身、何が言いたいのかわからない部分があり、キャッシュレス系のサービスの仕組みをしっかり理解していない点がかなりありそうです。それでも使えているので初心者でもすぐ使えるという手軽さも魅力かなと思いますが、やはり仕組みはある程度理解しないとなとも同時に思いました。

その他の追記&関連ページ:追記:PayPay(ペイペイ)について・せっかく熱いキャンペーンだったのに現時点では残念な感じになりつつある(不安感含め)


複数のクレカを一括管理できるアプリ「Curve」(英国発)が良さそう

ニュースを眺めていると、とても便利そうなアプリの情報を発見しました。

クレジットカードを一括管理するアプリ、Curve利用者が30万人突破( Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

これは良さそうです。

英国発のアプリということで、記事によるとユーザー数が30万人突破とのこと。

個人的には日本にも進出してほしいなと思います。私もクレジットカードは複数所有または今後増やしたいと再度思い始めておりますのでこのようなサービスは非常に便利そうだと思いました。

少し気になったのは、

我々があまりに多くのカードを日々持ち歩いているということだ。同社の調査によると、英国民の1人当たりのカード保有枚数は平均3.6枚で、米国では7.5枚に達するという。
※上記の記事内参考:クレジットカードを一括管理するアプリ、Curve利用者が30万人突破( Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

とあります。

日本人のデータはわからないのですが、これは多めだとちょっと思いました。この手のサービスはクレジットカードを何枚も持っていてさらに活用(使っている)していないとあまり利用価値はないと思われるため、日本でここまで普及するのかなとふと思った次第です。

ただ、複数のカードを財布に入れなくてよいわけですし(記事には保有する全てのクレジットカードをCurveアプリに集約し決済時にはアプリをタップして使用カードを選ぶことができると書いてある)、このアプリは非常にユニークかつ便利だと思います。

クレジットカードはこれでOKで、また、電子マネーやスマホ決済がさらに普及すればより現金を持ち歩かなくてすむようになるかと思います。最終的には現金はほぼ不要、財布もいらないということになるかもしれません。