内容の変更には多少の注意が必要・(とくに高還元率のクレジットカードなど)

記事タイトルのままではありますが、クレジットカードの内容の変更には注意が必要だと思います。それは、例えば、最近であれば高還元率カードが比較的一斉な感じで還元率が下がったりしたことがあったからです。

クレジットカードを色々と比較する」の気になる&注目のクレジットカードにも挙げました、漢方スタイルクラブカードやリーダーズカードなどは還元率が低下してしまっております。もちろん、現在の還元率でも他と比較すればかなり高いですが、今までよりは下がってしまったので何となく悲しい気持ちにはなりました。

この他にも、REX CARDも同様ですし、リクルートカードプラスに至っては受付が終了しているようです・・・。

こんな感じで、今までかなり最強に近い状態(還元率において)だったクレジットカードらは、未だに高いとは言え、一気に下がってしまったもしくは受付終了したというわけですね。ある意味で改悪です。

ただ、実はこのようなことは長くクレジットカード利用をしていると時々あるのです。ですのである程度割りきって考えるのも手かもしれません。繰り返しにはなりますが、それでも上記のカードは依然高い還元率ではありますし。(個人的には今後もどうなるかわからないような気もしています・・・。)
ただ、これ以上下がり続けて他カードよりも下がった場合、カードによってはあまりにも特徴がなくなるとは個人的には思いますので何かしら付加価値は予想されるとは思われます。※あくまでも個人的な感想です。

しかし、そんな中でも楽天カードのような定番カードは、ある意味安定している気はします。上記よりは劣るとは言え、それでも高還元率だとは個人的には思いますし、今後もしばらくは内容変更はなさそうだという安心感はなぜかあるからです。(※もちろん、個人的見解です)

というわけで、今回は高還元率クレカの内容の変更には多少の注意が必要ということを簡単に書きましたが、最近当ブログで取り上げていたOMCカードのように新サービスによりかなりお得なカードに成り上がったものもあります。(参考:OMCカードの新サービスが開始

ですので、悪い面だけではなく良いこともありえますので、日々情報チエックはしておくことをオススメします。インターネットで情報を集めるのも良いですが、クレジットカードを色々と比較するのページでも少し紹介しましたが、雑誌などもオススメです。(最新の情報のものを)かなり詳しく書かれているのが多いです。