クレジットカードの有効期限の必要性?について

定期的にチェックしているクレカ関連ニュースを眺めていたら、「なぜクレジットカードに有効期限があるのか?その重要性とは(ZUU online)」という記事をみかけました。

内容は記事の通りではあるのですが、やはり私もふとした時にクレジットカードの有効期限はなんであるのか?そしてちょっと面倒じゃないかと思ったりしたことがあったのでこの記事を見返してみてやはり面倒でも時代は変化しているのであるのは仕方ないのかなと思いました。

もちろん今後色々な発達や進化、発展等によって有効期限の変更の仕方や有効期限の必要性は変化する可能性はあるかもしれませんが、いずれにしても不正利用の防止はしないとならないと思うし当然カードの劣化によるカード変更の必要性や再与信も必要だと思うので何かしらの方法で続いていくとは思われます。※やはりクレジットカードは利用頻度が多いと結構劣化するのでその点において有効期限の更新毎に新しくなるのは個人的には良いとは思います。

ただ、やはりカードによってはとても面倒な手続きになることもあったのでもう少し自動化というかスムーズにしてほしいなと今の段階でも思います。また、自動更新も対応して欲しいなと。(多くの場合対応されておりますが)

例えば、上記の記事中(https://zuuonline.com/archives/183712)にもある

「中には自動変更手続きに対応していないカードもあることを知っておこう。一例を挙げると、「楽天カード」の場合は公共料金・通話料・インターネットなどの継続的支払いに関し、会員本人が各サービス登録会社へカードの有効期限変更の手続きをしなくてはならない。」

といったようなところです。

あとは、有効期限を更新していなくて決済が出来ないことがある部分でインターネットショッピングや引き落としももう少しわかりやすくだったりある程度自動化して欲しいですね。多くの場合、カード番号は変わらないわけですので。

ちなみに、最近いくつかの手持ちのカードの更新がありましたが、5年程度の期間があるのでその点は良かったなとは思いました。