やはりAmazonなど(ネット通販)で買った方がお得だと改めて思ってしまった

つい最近、某家電量販店にて比較的高額な買い物をしたのですが、前にもポイント還元率が下がらない&二重取りが可能なケースもあるのページ家電量販店でのカード払いの注意点などのページで書きましたが、クレジットカード払いをするとポイント率が下がるという問題があります。今回そうなってしまったの記事を書いてみようと思います。

この問題(ポイント付与率が下がる)は上記のページで書きましたように、家電量販店のクレジットカードを利用することで解決出来たり、何らかの理由でポイント率が下がらないということも可能ではあるのですが、どちらにも該当しない場合は下がってしまうわけです。

私は日々の生活でもクレジットカードが使えるならカードで払うことが多いし、今回もそうしたのですが、やはり2%下がってしまったのでこれでは厳しいなと再確認した次第です。

もともとの価格自体がAmazonより高いですし、それをポイント付与によって補えるようなところもあると思うのですが、2%下がるというのは痛いからです。

2%と言えば少ないと思うかもしれませんが、個人的にはやや大きいです。高還元率クレカでも2%というのはほとんどありませんし、高額商品であればその幅が広がるのでさらに損をしたような気持ちになってしまいます。

このポイント還元率を下げたくない場合は、繰り返しになりますが、やはり上記で書いた方法(家電量販店のクレカ)やそのようになる場合に該当させるという以外では現金で払うしかありません。

もちろん現金で払えば良いのですが、私のように意地でもクレジットカードで払いたい人もいるのではないかと思うわけです。

人によっては2%下がる程度ならカードでいいやと思うとも思いますし、それほど神経質にならなくても良いとも思いますが、せっかくクレジットカードを利用しているからにはやはり多少でもお得にしたいし、また、少しでも損をするなら最初からAmazonで買った方が良いと思う部分もあります。

Amazonで購入する場合のデメリットの一つとして現物が見られないという点もありますが、現代社会では色々なサイトがありますし、動画でも細かく確認できます。さらに言えば、家電量販店にて購入しに行って実際に見てきてAmazonとの価格と比較してやっぱりAmazonで購入することも出来てしまうわけです。

家電量販店側としてはそれはあまり好ましくないかもしれませんが、実際に行って購入する可能性もあるわけで、その段階でクレジットカードでの支払いによる2%下がるということであれば価格を計算して少しでも安い方で買おうと思う人も確実にいるのではないでしょうか。

わかりにくい文章になってしまい申し訳ありませんが、

結局のところ、よほどのことがない限り、個人的にはネット通販で購入してしまった方が何だかんだでお得なのかなと改めて思いました。神経質でケチで細かいかもしれませんがそう思ってしまっております。

もしその某家電量販店の常連で家電ならそこ!という程愛用しているのであれば、そこのクレジットカードを作り対応しますが、そういうわけでもないためポイント付与が下がってまで積極的に買うことはあまりないと思います。(ん例外はありますが)

もちろん、ポイント付与が下がってもAmazonなどより安いのであればそうではなくなりますが、その傾向は個人的な体感レベルではいまのところ少ないです。

お店側(リアル店)も何かしらの付加価値やメリット、その他丁寧なサービスなどでも良いので何か特徴を出していかないとより厳しいと個人的には思ってしまいます。これは昔から言われていることですが改めて最近感じた次第です。

※ただ、個人的には書店は上記とは別でリアルな本屋で購入することは結構あります。軽く立ち読みをしてそのまま買うことが多いです。Amazonでも買いますが価格自体は新品なら同じなのであまりこだわりはないですし、書店自体が結構好きっていうのもあるかもです。このあたりに多少のヒントはあるのかなと。