ポイント還元率が下がらない&二重取りが可能なケースもある

クレジットカードの数多くあるメリットの一つとしてポイント付与や二重取りがありますが、前にも「家電量販店でのカード払いの注意点など」で書きましたが、特定のクレカで払わない場合、還元率が下がってしまうことがあります。

また、ポイントの二重取りはクレジットカードのポイントとさらに店舗などのポイントが貰える場合があり、これもポイントが貯まりやすくクレカ払いのメリットの一つですが、そのポイントの二重取りが出来ない場合とは例えばガソリンスタンド(エネオス)でカード払いの際、Tポイントカードも貯めてしまおうと思っても例えば楽天カードで払ったらTポイントカードでためることが出来ないのです。(現時点)

しかし、実は上のようなケース以外の場合もあるので該当する場合は事前にチェックしたり、聞いて対応したりして通常通り得をすることも可能です。

例えば、ヤマダ電機では他店より高い場合は販売員に言って下さいのようなアナウンスが流れていて(※2015年現在)、確かに高い場合は色々と安くなったりポイントが付いてきたりしてくれる場合があるのですが、その際、クレジットカード払いでもポイント付与が変わらない場合があるのです。

実際に私もそういったことがあって安くなった上にポイントが10%付くということがあったのですが、クレジットカード払いでしたがポイントの還元率は下がりませんでした。その時、店員にも聞いたので間違いなく下がらなかったです。

また、上で書いたエネオスでは他のカードでは二重取りができていた場合がありました。つまり、クレジットカードのポイントとTポイントが貯まったということです。事前に聞けばわかりますのでもし何が何でもちょっとでも得をしていきたい場合はしっかり事前にチェックしておくと良いかと思います!

ちなみに、先ほどの電器店のケースは私の場合で、商品や時期によっては出来ない場合もあるかと思うのでやはり店員に聞いてから検討する方がよいとおもいます。