固定費はクレジットカード払いがおすすめ

記事タイトルのままですが、固定費の支払いにはクレジットカードを利用するのがやはりおすすめです。理由としては定期的にポイントが貯まる(ある意味節約&実質割引)というのが個人的には大きな部分ですが、支払いを忘れないという点や手間がかからないという利便性の面でもおすすめです。

まず、ここで言う固定費を簡単にあげてみます。

・携帯料金
・電気水道ガスなどの料金
・プロバイダー料金
・NHK

などがまずあります。

また、人によってはこの他にも多々あります。私であればスカパーの料金や新聞とかです。

あとは一番注目しているのが家賃のクレジットカード払いです。今のところ私の場合は銀行引き落としですが、最近はカード決済が可能である物件がたまに見つかります。今後も増える可能性もありそうです。

やはり家賃というのは比較的高額な上に毎月定期的にかかる固定費なのでクレジットカードをうまく利用できれば効率的かつ効果的にお得になると思うわけです。仮に月8万円の家賃であれば年間にしたら100万円近くなるのでその部分がクレジットカード払い出来ればかなり嬉しいです。

上記の固定費合わせて全てクレジットカード払いにしてしまえば、自動的にポイントが貯まっていきます。この点が大きなメリットだと思っています。

なお、ポイントという面で考えると、やはり高還元率カードがより良いのは間違いありません。また、携帯料金に関しては各会社のクレジットカードまたは電子マネーカードを使うのがおすすめです。docomoならDCMXやNTTグループカードが良いといった感じです。

そのため、高還元率カードを1枚持った上で各種ピンポイントで対応するのがより良いのですが、何枚も持つ手間が面倒な方は無難なクレジットカードを1枚を所有してそれでまとめて支払ってしまうのも良いです。最強ポイント還元率ではなくとも1%くらいの優良なものでもかなりお得になるからです。

このように、定期的にかかってくる固定費の支払いにクレジットカードを利用出来れば、ある意味実質的割引とも言えるような状況(ポイントがたまるため)になるのでよりお得にしたい場合は出来る限りカード払いがおすすめだと個人的には思います。また、繰り返しになりますが自動的に決済されるので手間がかからないといった部分、利便性も良いです。

なお、多少の注意点としましては、クレジットカードの更新です。有効期限も変わるので情報の更新が必要になってしまうということがあります。短期間であるわけではないのでそれ程手間はかかりませんが、忘れると支払いが出来ないようなことになりかねないのでこの点は注意しましょう。