飲食店でクレジットカードが使えると便利だが個人的な懸念

どこどこでクレジットカードが使えると便利という記事を数回にわたり書いておりますが、今回は飲食店でクレジットカードが使えると便利ということと、個人的な懸念について書いてみようと思います。

関連記事
美容室や床屋でもクレジットカードが使えると個人的には嬉しい
病院でクレジットカードが使えると便利だった
病院でのカード払いのメリット

飲食店でクレジットカードが使えると、一人暮らしの私の場合、ほぼ現金を持ち歩かなくて良いということになります。極端かもしれませんが、私としてはそれくらいが理想ではあります。

例えば、学生の場合であれば、家族カードでも良いのでクレジットカードを一枚(限度額は10万円程度と低めにした方が良いとは思います)子供に渡しておけば、月の仕送りなどいらないかもなぁと私が大学生の時に思っていましたが、それが出来る条件としてはやはりありとあらゆる場所でクレジットカードが使えないとなりません。

やはり、メインは食生活ということになってくるかと思います。ご飯を食べないと生きていけないですので。そうなると現金なし(クレジットカードのみでの生活)では少々難しいのかなとは私の場合ですが思います。

もちろん、スーパーなどではほぼクレジットカードが利用可能なので、全てスーパーにて食材を調達し、自炊出来ればある程度可能かもしれませんが、男性の一人暮らしの場合などでは結構難しいこともあります。(※個人的にはですがほぼ自炊しません、というか料理が出来ません・・・。)そのため、外食になるのですが、飲食店でクレジットカードが利用出来る場所と言えば、一部のファミレスや居酒屋などが考えられます。あとはコンビニも使えるのでコンビニ弁当なども考えられます。

たまに行くのは良いと思いますが、毎日ファミレスや居酒屋、コンビニ弁当で食事をしていては月の食費が高額になるのはもちろん、栄養面でも偏るのではないかという懸念が個人的にはあります。

ですので、近所の定食屋さんなどでクレジットカードが利用できれば良いのですが、個人がやっているようなところで、手料理&とても美味しくて栄養満点なお店でクレジットカードが利用できるところを見たことはほとんどありません。

そういうわけで、あくまでも私の意見ではありますが、食生活を全てクレジットカード払いするのは現状ではちょっと難しいのかなと思います。タイトルに書きましたように、飲食店でクレジットカードが使えると便利だが個人的な懸念(私の場合栄養が偏るのではなかろうかという)があるからです。

個人的には定食屋さんによく行くので、クレジットカード利用可能なお店は見たことがないですし、こちらも求めておりませんのでやはり私の生活では食生活を全てクレジットカード払いにするのは難しいなと思った次第です。

なんだかわけのわからない文章になってしまいましたが、もっとクレジットカードが普及している国ではどのようになっているのかちょっと興味深いです。極端な話し、全てのお店でクレジットカードが利用可能であれば現金は持ち歩く必要はほとんどないと思っておりますし、下手したら現金が不要なのかもと思うこともあります。
ただ、上記のような点を見ても食生活だけでも難しいので、やはり生活に現金が必要なシーンは多々あるのだと思われます。例えば、お年玉をあげたりするときにクレジットカード決済出来ませんからね。

というわけで、最後話しが完全にズレてしまいましたが、この問題については他のもっとクレカが普及している国のデータなどを個人的に検証してみたいと思いました。