遅れてしまった時、ギリギリで払うと行き違いで電話がくることもある

タイトルのまんまではありますが、クレジットカードの支払いが遅れたり忘れていた場合、再引き落としや指定された口座に振込または払込用紙にて支払いをすると思うのですが、その指定日ギリギリに払うと仕組み上払ってはいるがそのことが反映されていないというケースが出てきます。その場合、払っているのに督促の電話がかかってくることがあるので多少の注意が必要です。

もちろん払っていれば「いついつに払いました」と言って業者が確認したところで電話は終わると思うのでとくに気にしなくてもよいかもしれませんが、そのような電話がかかることをなるべく避けたい場合は注意が必要という意味です。

携帯電話にかかってくることもあれば自宅にかかってくる場合もあるかもしれないのでそのようなことはなるべく避けたい人もいるかと思います。実際、私はこのような電話はかかってきてほしくないのですが、上記のようなことになったことがあります。例えば15日までに払込指定(遅れてしまっている分の)がされていたところ、15日の午後または夜遅くに払ったときなどは業者は確認が出来ておらず、その後電話がかかってくるといったパターンです。もちろん、繰り返しになりますが既に払っているのであればそれについては特に問題はないのですが、行き違いとは言え電話がきてしまうことになるので。。

なお、遅れているとみなされているので状況によっては多少強めの電話がきてしまうことも可能性としてはありえます。私は払っているにも関わらず向こうは気づいていないので遅れていると思って結構キツめに言われてしまいました。キツめとは言えもちろん丁寧に言われますが。また、遅れて払った(再指定日とは言っても)わけですし、行き違いとは言え現在も遅れていると思われている状況ですので、電話に出ないと多少しつこめ(1日数回等)に電話がかかってくることもありるかもしれません。

そのため、話を戻しますが、何らかの事情でクレジットカードの支払いが遅れた場合は、連絡があり次第出来るだけはやく払うことをおすすめしたいです。連絡がなくても遅れたことに気づいたらこちらから電話して対応するのも良いと思います。

私は上記のようについつい入れ忘れて遅れてしまったということがたまにありましたが、次の指定日の夜間に払うとやはり行き違いの電話がくることがありました。忙しい日々ですとついつい忘れてしまうこともあるので、とくに督促の電話を避けたい方は気づいたらすぐに払ってしまった方が良いかと思います。

なお、遅れている時点ですぐ督促の電話がかかってくることもありえます。その場合は仕方ないですが、上記は払込用紙にて遅れを払う場合の話です。

また、いずれにしても、最初の支払い(月々の通常の支払い日に)をしていれば良い話でもありますので、何らかのよほどな理由がない限りなるべく遅延は避けた方が良いと思います。常識的なことではありますが。