リクルートカードはとりあえず保有しておいても損はなさそう

ポイント還元率が高いクレジットカードは以前はかなりありましたしカード選びの大きなポイントの一つだったのですが、ここのところ改悪が続いたこともあり還元率の注目することは少なくなりつつあります。参考ページ:高還元率にこだわる必要がなくなりつつある

ただ、リクルートカードに関しては年会費永年無料ですのでとりあえず持っていても損はないのかなと今のところ思っております。現時点で還元率は1.2%と最近の中ではとても高い状態で、さすがにこれより下がったりといった改悪は今のところ考えにくいまたはすぐにはないのかなとあくまでも予想ではありますが思っております。※ただの個人的な予想です。(ちなみにリクルートカードプラスという最強レベル高還元率のものが申込み受け付け終了になったりしたのでさすがにリクルートカードはそうはならないだろうという予想も含めてです。)
ここで改悪があって楽天カード以下の還元率になれば保有する意味もなくなりますからね・・・。

また、リクルートカードは貯めたポイントがPontaポイントにも交換できます。これはPontaポイントをよく利用する方には熱いです。リクルートカード自体が高還元率ですし、Pontaポイントもうまく行えば効率的に貯めることが出来るポイントなのでお得だと思います。

あとはじゃらんで宿泊予約なら現状で還元率が3.2%にもなります。どこで使っても1.2%、じゃらんで宿泊予約ならさらにお得になる、というわけで旅行好きの方にもオススメだと言えるでしょう。旅行好きではなくとも年に1回から数回程度であれば家族で行くことがある人は多いかと思うのでそういう意味でも良いクレカです。

なお、年会費永年無料にもかかわらず、旅行損害保険は海外旅行:最高2,000万円(利用付帯)、 国内旅行が最高1,000万円(利用付帯)と質も中々良いです。上の旅行とも多少リンクする部分でもありえるのでこの点もリクルートカードの魅力だと思います。

ただ、何度も書きますが、これ以上改悪が続くと(昔はリクルートカードプラスというかなりの高還元率があったのです…しかし申込み受け付けが終了、。)さすがにこういったメリットも薄れていくでしょうし、個人的には1.2%以下になってしまったらそこまでプッシュは出来ないかなと思います。何とかこの還元率は出来るだけ長く続けて頂けると嬉しいところです。もちろん今の状況でもなんとか還元率は今の状況の中での最強レベルの1.2%&カードの質も比較的高めで充実しているのでうまいところバランスを取りつつ頑張っているカードだとも個人的には思いますが。

話が逸れましたが、やはり年会費永年無料ですので、繰り返しにはなりますが保有しておいて損はないカードです。現時点ではとてもお得なクレジットカードの一つではないでしょうか。

あとは、これは好みの問題ではありますが、カードのデザインもシンプルで中々良いなと自分としては思います。

関連:クレカ選びのポイントをもう一度整理する必要がある