限度額を超えているはずだけど使えた場合の注意点

前にも書いたかもしれませんが、クレジットカードを利用していると限度額を超えているのに使えてしまうということがたまにあります。とくにリボ払い専用になっているクレジットカードを使っていると注意が必要ですし、私の場合はリボ専用クレカでたまにあります。

どういうことかと言いますと、限度額が例えば50万円だとして、何らかの理由で50万円を超えて利用できた場合、超えた分を一括で請求される可能性があるのでそれが注意点ということと、とくにリボ払い専用カードだと上限いっぱいまで利用していることが多いのでそのようなことが起きやすい(あくまでも私の過去のケースですが)ということです。

その何らかの理由というのはいくつか考えられるのですが、まず一つは、利用がまだ反映されておらず、枠があいている状況になったまま次の利用をし、その後反映されて結果的に限度額を超えたということが考えられます。とくに私の場合はガソリンスタンドで利用すると反映が遅かったりすることが多かったです。

そういった場合、超えた分を一括で請求されてしまい(カードによるかもしれません。)リボ払い専用にしているはずなのに支払額が思った以上にあるという状況になりかねません。

あとは、例えば利用限度額が10万円だったとして、普通に99,000円利用している時に5,000円とかであれば利用できてしまうということも結構あります。(この場合であれば4,000円オーバー)その場合もカードによっては超えた分を一括で請求があるかもしれません。※私が過去に利用していた(今は解約した)もう一つのリボ払い専用クレカでは一括で請求はきませんでした。ただ、メインの方は超えた分だけ一括で請求がきた気がするので注意が必要かと思い念のため書きました。

つまり、上記の注意点をもう一度まとめますと、リボ払い専用カードなのに思った以上の請求額がきてしまい状況によっては少し困る可能性がありえるということなのです。(超えた分を一括で請求された場合ですが)

もちろん、リボ払いだけではなく、普通のカードの場合も、「限度額を超えているはずだけど使えた場」場合のデメリットはあるかと思います。

それはやはり、最終的には反映されるのでその時に限度額がオーバーしていれば一時的に利用できなくなる可能性があるということです。

もちろん、そのデメリットはリボ払い専用カードの方が発生しやすいとは思います。なぜなら一般カードで限度額ギリギリ状態というのはあまりないと思われるからです。(限度額が100万円で100万円MAX状態ということが毎月あるということは個人的にはほぼないという意味です。人によるとは思います。)

そういった場合、自分の中では使えると思ってお店で利用しようとしたのに、決済が出来ないということになりかねないのでその点が注意点というわけですね。現金や他のカードに変えればよいのですが、状況によっては恥ずかしい思いをする可能性もあるので注意しておきたいところだと個人的には思っております。例えば、飲み屋での支払いやかっこつけたい状況下でそのようなことが発生すると私だったら少し恥ずかしいと思うので出来れば避けたいです…

ちなみに、WEBサービスで定期的に確認していればある程度防げると思うと思いますし、実際それはあるかと思いますが、例えば楽天Eナビでは「ご利用可能額」が表示されておりますが、その金額が基本的には使える額です。これは電話にて問い合わせをしても恐らく同じ金額になる部分です。上で書きましたように、まだ反映されていないのであればこの「ご利用可能額」上でも反映されていないので表示の金額をもしかしたら使えてしまうか可能性もあると思われます。その場合は定期的に確認していても防ぎようがないケースもありえます。

ですので、WEBサービスを定期的に確認するのはもちろん大事ですが、自分で利用した額を計算しておいたり、レシートでまとめておいてすぐ計算出来るようにしておくのが面倒ですが効果的だと思います。