指紋で本人確認が出来るとなれば決済時サイン不要の流れはさらに加速されそう

JCBはクレジットカードの本体に指紋認証機能がついたカードの実証実験を4月下旬から始めるとのことらしいです。参考ページ:指紋で本人確認できるカード JCBが発行へ(日本経済新聞)

これにより、サインの手間が省けるのはもちろん、暗証番号の入力も省けるとのこと。ということは、昨日記事(今後は決済時のサインは不要になっていく流れなのか?)で書いた「暗証番号をもし忘れた場合」というのも解決出来るのではないでしょうか。

これの何が凄そうなのかと言うと、カード本体に指紋認証機能がつくという点です。現時点では実証実験ということですが、それを経過すればカードが発行されると思われるのでこういったことをふまえても、やはり昨日書いたサイン不要の流れは加速すると個人的には思いました。クレカ自体の利便性がかなり上がるのは間違いないし、今後そういったことを強化していくという時代の流れがみえるような気がします。

また、昨日の記事のクレジットカード大手4社(米国)決済時のサインが不要にというところの4社にはJCB(日本の国際ブランド)が入っていなかったのですがJCBのこの動きは面白いなとも感じました。