クレジットカードのキャッシング枠は不要なら最初から外す

クレジットカードはリボ払いが出来るのはもちろんですが、キャッシングも可能な場合があります。申し込みの時や途中時からキャッシング枠を付けることが出来るからです。(審査はありますが)

例えば、限度額50万円のクレジットカードを利用していてキャッシング枠が10万円だった場合、その中でキャッシングが出来るのです。(キャッシング10万円利用したらショッピングの枠は40万円という意味)

クレジットカードでのキャッシングについて・デメリットやメリットなどで以前書きましたが、クレカでのキャッシングはメリットもあります。

ただ、まったくもって不要という方であれば申し込み時からキャッシング0で申し込む方が良いと個人的には思います。(あくまでもキャッシングは絶対不要の方はという意味です)

単純に不要なものは付けなくても良いという意見ではありますが、それがキャッシング枠だからより強く思うわけです。

なぜかと言うと、知り合いで初めてクレジットカードを作った時に、全く必要ないのにキャッシング枠を付けていて、それがきっかけになり(本人が言うにはですが)最終的に借金ダルマみたいな状態になってしまった人がいるからです。

というのは、ある時ちょっとお金がなくなったときに我慢できる範囲であったにもかかわらず、「そう言えばクレカでキャッシング出来たな」と思いお金をなにげなく借りたようなのですが(しかもキャッシング枠があったのですぐに借りることが出来てしまった)、そこからなくなったらとりあえず借りるという癖が出来てしまい、しかもだんだんとそれだけ(クレカだけでは)ではおさまらなくなり、最終的に色々なところから借りたことによりかなりの金額になったというのです。

もちろん、自分でコントロールが出来たり、自制心があれば良いだけかもしれませんが、人間弱いもので最初のちょっとしたことから大きな借金のきっかけになることも人によってはありえます。

例えそれ(上記の知り合いは最初のクレカのキャッシングがきっかけと言っていたこと)が言い訳かもしれないとは言え、確かに一度簡単に借りることが出来てしまいそれで助かったり楽が出来たりすると、また借りてしまったり、次はカードローンや消費者金融などへ行くなどということは人によってはあるかと思います。

ですので、不要なのにわざわざ付ける必要はないのかなと個人的には思います。※しかもクレジットカードのキャッシングの手数料というのは意外と高いです。銀行とかと比較するとかなり高めです。カードローンや消費者金融と同じような手数料の場合も結構あります。

もちろん繰り返しになりますが、人によりますし、メリットもあります。また、キャッシング=絶対的に駄目!というわけでもありません。上手に利用できる人も多くいます。

ただ、自分には今のところ不要という方や、自制心がなかったり、キャッシングしてまでギャンブルに行くなどという可能性がありえる方は、最初の段階から申し込まなければ、上記のように必要以上に「何気なく借りてしまう」ということを未然にある程度防げるのでそうしておいた方が良いと個人的には思いました。