改正民法が成立・18歳で成人ということでクレジットカード契約も可能に(親の同意なく)

改正民法が可決、成立しました。(施行は2022年4月1日)
より注目されているのは成人年齢を現在の20歳から18歳に引き下げるということがあるからでしょう。

ただ、健康面の問題からか喫煙や飲酒は20歳のままを維持されるようですし、ギャンブル依存性の問題からか公営ギャンブルも20歳のままとのことです。

ただ、クレジットカードの契約やローン契約は親の同意なく出来るようになります。

考えられる問題点としてはクレカやローンの利用(クレカならとくにリボ払い)により10代から多重債務に陥るのではないかということもあるでしょう。今までは一応のところ親の同意なくてはならなかったのでその問題については一定の効果があったと思いますが、今後は同意なくても契約出来るわけなのでこの点は考えないといけない部分かなと個人的には思いました。

まぁ、20歳と19歳、18歳では1歳、2歳しか変わらない、月によっては数ヶ月しか変わらない場合というのもありますし、現在というか私が学生時代でも学生ローンなどで比較的かんたんにお金を借りることが出来たりしています。(私が学生のときはですが)

そのため、教育の問題という面も結構大きいのかなとは思うのですが、契約の取り消しが出来ないという点では色々と注意が必要なのかなとは思いました。もちろんクレカやローン以外でも悪徳商法の契約などがありますし。

18歳や19歳で債務整理や自己破産に追い込まれるというのはやはり問題だとも思うので対応策はしっかりしたほうが良いのではないかなとも思います。

何らかの規定を追加予定との記事も見かけたのでこの問題についてはかなり議論されていると思いますし、何かしらの規定(防止策)が追加されるとは思われます。(追記:改正消費者契約法を今国会で成立させ悪徳商法の契約を不当に結ばれた契約は取り消せるようにしたらしい。これも何かの記事で見かけました)

いずれにせよ、こういった変更の施行がされる場合は、やはりしっかりとわかりやすく説明してほしいとは思います。現状色々な記事ニュースを読まないとあまりわからない部分もあるので…。(2022年なのでまだ多少余裕はあるのでより一層わかりやすい解説と考えられる問題への防止策の検討をきめ細かくやってほしいです)

まぁ、18歳から親の同意なくクレジットカードの契約を結んだりすることが出来るようになるメリットもあると思うのでそれについては今後書けたら書いてみようと思います。

ただ、多重債務もある意味状況によっては借金依存症の場合もあるので喫煙やギャンブルと同様そのままでも良かったのではとも個人的には思うのですがどうなんでしょうか。(上記で挙げた同意なくても契約出来るためトラブルに巻き込まれる可能性が高まるのではないかという点と合わせて)